出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 方角。方向。むき。「西の方を望む」

  1. 物事の方向。決着。始末。

  1. 時間上の方向。ころ。とき。時節。「来し方を思う」

  1. 《方角を示すことによって間接的に》人をさす敬った言い方。「女の方」「乗り越しの方」

  1. 方法。手段。「せん方もない」

  1. 対として考えられるものの一方。人数を二組に分ける場合にいうことが多い。

    1. 「―の人、男女居わかれて」〈・一四三〉

  1. 方面。箇所。関係する点。

    1. 「和歌の―にもいみじう染ませ給へり」〈栄花・月の宴〉

  1. そのようなありさま。ようす。

    1. 「おのづから軽 (かろ) き―にぞおぼえ侍るかし」〈・帚木〉

[接尾]
  1. 動詞の連用形に付いて、方法・手段、また、ようす・ありさまなどの意を表す。「ひもの結び方」「車の混み方」

  1. 動詞の連用形や動作性の漢語名詞に付いて、…すること、の意を表す。「打ち方やめ」「調査方を依頼される」

  1. 他人の氏名などに付いて、その人のもとに身を寄せていることを表す。「中村さん方」「田中太郎様方」

  1. 数を表す語に付いて、人を数えるのに用いる。現在では、「お」を冠して、丁寧な言い方として用いられる。「おひと方」「おふた方」

  1. 《「がた」とも》名詞に付く。

    1. ㋐二つあるものの一方の側、また、それに属する人を表す。「相手方」「母方」

    2. ㋑その物事を担当する係であることを表す。「まかない方」「会計方」

  1. 《「がた」とも》数量などを表す名詞に付いて、だいたいそのくらいの意を表す。「三割方安い」「八割方片付いた」

  1. 方向の意を表す。

    1. 「いづ―に求め行かむ」〈伊勢・二一〉