かた【形/型】 の意味

  1. (形)物の姿や格好。形状。かたち。「洋服の―が崩れる」「髪の―をととのえる」
  1. (形)証拠に残すしるし。保証のしるし。抵当。「カメラを借金の―に置く」
  1. (型)ある物のかたちを作り出すためのもの。鋳型、型紙などの類。「石膏 (せっこう) で義歯の―を取る」
  1. (形・型)芸能や武道などで、規範となる動作・方式。「能楽の―」「投げの―」
  1. (型)きまったやり方。伝統的なしきたり。慣例。「―を破る」「―どおりのあいさつ」
  1. (型)事物を類別するとき、その個々に共通した特徴を表している形式、形態。タイプ。「血液の―」「古い―の人間」
  1. (型)きまった大きさ。サイズ。「靴の―が大きすぎる」
  1. 物に似せて作った絵・図・像など。
    • 「馬の―かきたる障子 (さうじ) 」〈・九九〉
  1. 図柄。模様。
    • 「着る物の―にてばし侍るか」〈仮・伊曽保・下〉
  1. 10 もと何かがあったことのしるし。あとかた。形跡。
    • 「―もなく荒れたる家の」〈・蓬生〉
  1. 11 占いに現れたしるし。うらかた。
    • 「生ふ楉 (しもと) この本山のましばにも告 (の) らぬ妹が名―に出でむかも」〈・三四八八〉
  1. 12 (「がた」の形で)
  1. ㋐(形)名詞の下に付いて、その物に似たかたちをしていることを表す。「卵―」「ピラミッド―」
  1. ㋑(型)名詞と形容詞の語幹の下に付いて、ある性質・特徴・形式をもっていることを表す。「最新―」「ハムレット―」「うるさ―」
  1. 形 (かたち) [用法]
  • 名詞

かた【形/型】の慣用句

  1. 型に嵌まる
    • 決まりきった形式や方法どおりのもので、個性や独創性がない。「―・ったあいさつ」
  1. 型に嵌める
    • 個性や独創性を認めず、決まりきった形式や方法によらせる。「生徒を―・める教育」
  1. 型の如く
    • 慣例どおりに。「型の如く来賓のあいさつがある」
  1. 形を見る
    • 釣りで、その日に初めて目的にかなう魚を釣り上げる。