出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、いつでも返済の請求ができるという契約で貸した金。あずけがね。

「売り掛け―に損すること」〈浮・敗毒散・一〉