あずさ〔あづさ〕【×梓】 の意味

  1. ヨグソミネバリの別名。古くは弓を作るのに用いられた。 花=春》
  1. キササゲの別名。
  1. アカメガシワの別名。
  1. 梓弓 (あずさゆみ) 」の略。
  1. 梓巫女 (あずさみこ) 」の略。
  1. 《昔の中国で1㋑を使ったところから》木版印刷に用いる版木。→上梓 (じょうし) 

あずさ〔あづさ〕【×梓】の慣用句

  1. 梓に鏤める
    • 版木に刻む、すなわち出版する。上梓(じょうし)する。梓に刻む。梓(し)に上(のぼ)す。
  1. あずさみこ【梓巫女】
    • 梓弓(あずさゆみ)の弦を打ち鳴らして神霊・生き霊・死霊などを呼び寄せ、自分の身にのりうつらせて託宣をする女。いちこ。口寄せ。
  1. あずさゆみ【梓弓】
    • [名]
    • 梓の木で作った弓。
    • 梓巫女(あずさみこ)が用いる小さな弓。
    • [枕]弓に関係のある、「引く」「張る」「射る」「反(かへ)る」「寄る」「音」「本(もと)」「末(すゑ)」などにかかる。
      「―末は知らねど」〈・三一四九〉
    • 「―はるかに見ゆる山の端(は)を」〈拾遺・雑下〉