出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]かたじけな・し[ク]
  1. もったいない。恐れ多い。「―・いお言葉」

  1. 身に受けた恩恵などに対して、感謝の念でいっぱいであるさま。身にすぎて、ありがたい。「ご好意のほどまことに―・く存じます」

  1. 恥ずかしい。面目ない。

    1. 「百姓 (おほみたから) の念 (おも) へらくも恥づかし―・し」〈続紀宣命・五四詔〉

[派生]かたじけながる[動ラ五]かたじけなさ[名]