出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 見たり触れたりしてとらえることができる、物の姿・格好。物体の外形。「山の美しい―」「影も―も見えない」

    1. ㋐まとまり整った状態をもって表にあらわれた、物事の姿。形態。「合議制の―をとる」「文章の―を整える」

    2. ㋑実質に対して、表面上の姿・格好。外形。外観。また、体裁、名目。「―にこだわる」「代表という―で出席する」「―だけの夫婦」

  1. 物事の結果としての状態。「どっちつかずの―になる」

  1. 人に対する姿勢や態度。「―を改めて話す」

  1. (「貌」とも書く)容貌 (ようぼう) 。顔だち。器量。また、容姿。「姿―の美しい人」

  1. 美しい容貌。また、美貌の人。かたちびと。

    1. 「―を好ませ給ひて」〈栄花・殿上の花見〉

[用法]かたち・[用法]かた――「形 (かたち) 」は「三角や四角などいろいろな形の積み木」「顔形」のように、物体の外から見える格好・姿・輪郭を表す。◇「型 (かた) 」は「洋服の型を取る」「柔道の型を見せる」「新しい型の自動車」「血液型」など、一定のきまった大きさや形態、やり方、性質についていう。◇「形 (かたち) ばかりのお祝い」「型にはまる」「型通りのあいさつ」「型破りの人物」など、慣用的表現でも使い分けがある。◇用法の似た外来語に「パターン」があり、「日本人の思考パターン」「若者の行動パターン」「ワンパターン」「テストパターン」のように、類型、模様、柄 (がら) の意味として用いられる。◇「形 (かた) が崩れる」「髪の形 (かた) をととのえる」「借金の形 (かた) 」のように「形」を「かた」と読む場合については「かた(形・型)」を参照。