出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]
  1. 物が、置いておくのに適当な場所にきちんと納まる。散らかっていた物が整えられた状態になる。「やっと部屋が―・いた」「机の上が―・く」

  1. 物事が一定の形に決まる。事態が落ち着く。

    1. 「人間の運命は中々―・かないもんだな」〈漱石道草

  1. めんどうな物事がうまく収拾される。問題などが解決する。「例の一件が―・いた」「懸案が―・く」

  1. 嫁にいく。「娘が―・く」

  1. じゃまになる者がいなくなる。

  1. あるものに片側が接する。

    1. 「谷―・きて家居せる君が聞きつつ告げなくも憂し」〈・四二〇七〉

[動カ下二]かたづける」の文語形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース