出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]

  1. がたがた音を立てる。「雨戸が―・く」

  1. 寒さや恐れなどのため、からだが震える。「足が―・く」

  1. もめごとなどが起こり、そのために人々の気持ちが乱れる。「遺産分配で一家が―・く」

  1. 機械や人間のからだなどが、時を経て調子が悪くなる。「この車もだいぶ―・いてきた」