出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 江戸時代、御殿女中や武士の妻などの髪の結い方の一。下げ髪を輪に結び、笄 (こうがい) を横に挿し、輪の一方を外したもの。

  1. 歌舞伎の女形用かつらの一。御殿女中や武家女房の役に使う。また、その役柄。「伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ) 」の政岡、「恋女房染分手綱 (こいにょうぼうそめわけたづな) 」の重の井など。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉