出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 太鼓などの打楽器で、一対のばちのうちの一方だけで打つこと。特に能楽や長唄の囃子 (はやし) で、太鼓を右手のばちだけで打つこと。

  1. 三味線の奏法で、すくうことをしないで、ばちを打ちおろすときのみ弾くこと。→諸撥 (もろばち) 

  1. 江戸初期の流行歌の一。寛永(1624~1644)のころ、吉原の遊女が歌いはじめたものという。

地歌の曲名で、三味線組歌の破手組 (はでぐみ) の一。柳川検校作曲。3に節付けしたものといわれる。端手 (はで) 片撥。