出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ四]
  1. かたむく1」に同じ。

    1. 「大匠 (おほたくみ) 拙劣 (をぢな) みこそ隅 (すみ) ―・けれ」〈・下・歌謡一〇六〉

  1. かたむく2」に同じ。

    1. 「山の端 (は) に月―・けば」〈・三六二三〉

  1. かたむく3」に同じ。

    1. 「帝 (みかど) 畏 (かしこ) しと申せども、臣下のあまたにしてかたぶけ奉るときは―・き給ふものなり」〈大鏡・後一条院〉

  1. かたむく4」に同じ。

    1. 「禅の宗旨に―・かせ給ひて」〈太平記・四〉

  1. 《首がかたむく状態になるというところから》不審に思う。疑う。また、非難する。

    1. 「この匠 (たくみ) が申すことは何事ぞと―・きをり」〈竹取

[動カ下二]
  1. かたむける1」に同じ。

    1. 「傘 (からかさ) をさしたるに、…横さまに雪を吹きかくれば、少し―・けて」〈・二四七〉

  1. 器を斜めにして中の物を出す。

    1. 「わたつ海をみな―・けて洗ふとも」〈風雅・釈教〉

  1. かたむける3」に同じ。

    1. 「帝を―・け奉らむと構ふる罪によりて」〈栄花・月の宴〉

  1. かたむける4」に同じ。

    1. 「なにとか、なにとか、と耳を―・けて問ふに」〈・九〇〉

  1. かたむける5」に同じ。

    1. 「白楽天の作をば東坡先生は―・けけるとかや」〈著聞集・四〉