出典:デジタル大辞泉(小学館)

ヒノキ科の常緑高木。日本特産。山地に生え、高さ10~30メートル。樹皮は灰褐色で縦に裂け、葉はうろこ状。5月ごろ、青色で楕円形の雄花と鱗片 (りんぺん) に覆われた雌花とをつける。材は建築・土木・船舶などに利用。名は、俗に「明日は檜 (ひのき) になろう」の意という。あすひ。あすなろう。

[生物/植物名]カテゴリの言葉