出典:デジタル大辞泉(小学館)

上代、鹿の肩の骨を焼いて、そのひび割れで吉凶を占うこと。太占 (ふとまに) 。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉