出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形ク]

  1. 第三者の立場から見ていて、心が痛む。はらはらする。気の毒だ。

    1. 「この頃の御気色 (けしき) を見奉る上人 (うへびと) 、女房などは、―・しと聞きけり」〈・桐壺〉

  1. 第三者の立場から見て、苦々しく思う。笑止だ。後世、「片腹 (かたはら) 痛い」と当てるようになった。

    1. 「よしとも覚えぬ我が歌を人に語りて人のほめなどしたる由いふも―・し」〈・九六〉

  1. 第三者が自分をどう思うかと気にかかる。気がひける。きまりが悪い。→片腹痛い

    1. 「いと―・けれど、頼み聞こえさするままに」〈落窪・一〉