出典:デジタル大辞泉(小学館)

主君の外出時、徒歩で身辺警護を務めた下級武士。徒衆 (かちしゅう) 。かち。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉