出典:デジタル大辞泉(小学館)

真・善・美・聖などの絶対的、永遠的価値の探求や確立を対象とする哲学。ロッツェに始まり、新カント学派ウィンデルバントリッケルトがこれを受け継いだ。