出典:デジタル大辞泉(小学館)

近代俳句の理念の一。俳句は、四季による自然の現象とそれに伴う人事とを、先入観念を排して純粋に叙景的に詠むのが理想であるとするもの。高浜虚子が昭和2年(1927)に主唱して以来ホトトギス派の指導理念となる。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉

[四字熟語]カテゴリの言葉