出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 価値の本質、価値と事実との関係、価値判断の妥当性などについて哲学的に考察する学問。狭義には、19世紀後半からドイツに興った新カント学派価値哲学をさす。

  1. 経済学で、商品の価値の本質・形成過程などについての理論。