あずま‐おどり〔あづまをどり〕【東踊(り)】 の意味

  1. 東京新橋の芸者連が、毎年春に新橋演舞場で催す舞踊の会。大正14年(1925)に始まり、戦争で一時中絶し、昭和23年(1948)復活。京都祇園の都踊りにならったもの。 春》