かつお‐の‐えぼし〔かつを‐〕【×鰹の×帽子】 の意味

  1. ヒドロ虫綱カツオノエボシ科の腔腸動物。暖流域を浮遊。さまざまな個虫が集まって一つのクラゲをなしている。気胞体は烏帽子形で、長径約10センチ、青藍色。触手は3メートルも伸び、刺胞 (しほう) の毒が強い。電気くらげ。 秋》