出典:デジタル大辞泉(小学館)

教育基本法に基づいて、学校制度の基本を定めた法律。小学校中学校高等学校中等教育学校高等専門学校特別支援学校大学幼稚園、および専修学校各種学校について定める。昭和22年(1947)に制定、同時に六・三・三・四制教育が採用実施された。平成11年(1999)に一部改正施行され、中高一貫校の設置が認可された。また、平成19年(2007)には教育基本法の改正を受けて、各学校種の目的および教育の目標が見直されるとともに、教職員・生徒・保護者および地域住民・有識者などが学校の運営状況を評価する学校評価制度の導入、副校長主幹教諭指導教諭などの新職種の設置などが定められた。