あずま‐にしきえ〔あづまにしきヱ〕【東錦絵】 の意味

  1. 上方錦絵に対して、江戸で刊行された錦絵の意》浮世絵の一。明和年間(1764~1772)鈴木春信の創始による。多色、木版刷り。江戸絵。東絵。