• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かつしか【葛飾】 の意味

  1. 姓氏の一。
  1. [補説]「葛飾」姓の人物
    葛飾北斎 (かつしかほくさい) 
  • 名詞

かつしか【葛飾】の慣用句

  1. かつしかは【葛飾派】
    • 浮世絵の流派の一。葛飾北斎を祖とする。西洋画風を加味した風景画のほか肉筆画に優れる。魚屋北渓・昇亭北寿・蹄斎北馬・応為(北斎の娘)などが出た。
  1. かつしかほくさい【葛飾北斎】
    • [1760~1849]江戸中・後期の浮世絵師。江戸の人。幼名、時太郎、のち鉄蔵。初号、春朗、ほかに画狂人・為一など。初め勝川春章に学んだが、狩野派土佐派琳派(りんぱ)洋風画など和漢洋の画法を摂取し、読本挿絵や絵本、さらに風景画に新生面を開いた。「北斎漫画」や「富嶽三十六景」が有名。