出典:デジタル大辞泉(小学館)

戦国時代以後、関東の武士が京都朝廷の官名をまねて用いた通称。多門 (たもん) ・左内 (さない) ・伊織 (いおり) ・左膳 (さぜん) ・右膳 (うぜん) ・数馬 (かずま) ・頼母 (たのも) など。