出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かわわっぱ」の音変化》

  1. 水陸両生の想像上の動物。身の丈1メートル内外で、口先がとがり、頭上に皿とよばれるくぼみがあって少量の水を蓄える。背中には甲羅がある。人や他の動物を水中に引き入れて生き血を吸い、尻から腸を抜くという。かわっぱ・河太郎・川子・河伯 (かはく) 、その他異名が多い。

  1. 水泳のうまい人。また、泳いでいる子供。

  1. 子供の髪形の一。髪を結ばず耳の辺りまで垂らして下げ、下を切り落としたもの。江戸時代には頭の頂上を丸く剃ったことからこの名がある。→御河童 (おかっぱ) 

  1. 《河童の好物であるというところから》すし屋などで、キュウリのこと。また、河童巻き

  1. 《河童が人を引き込むというところから》

    1. ㋐見世物小屋などの呼び込み。

    2. ㋑江戸の柳原本所辺りの売笑婦。

[補説]書名別項。→河童