出典:デジタル大辞泉(小学館)

世間の人におもねること。世俗にこびへつらうこと。→曲学阿世

「売文―以て当世の寵児たるを争う鄙心 (ひしん) を」〈魯庵・「破垣」発売停止に就き当路者及江湖に告ぐ〉