出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《「かてに」の濁音化。のちに「難 (がた) し」の語幹と混同され、それに格助詞「に」の付いたものと意識されるようになったもの》動詞に付いて、できないで、困難で、の意を表す。→かてに
  • 「春されば我家 (わぎへ) の里の川門 (かはと) には鮎子 (あゆこ) さ走る君待ち―」〈・八五九〉