あぜ‐がやつり【×畦蚊×吊】 の意味

  1. カヤツリグサ科の一年草。あぜや湿地に生え、高さ30~70センチ。茎は三角柱で細く堅い。葉は細長く、基部は鞘 (さや) になって茎を囲む。夏、穂状の淡黄色の花をつける。