出典:デジタル大辞泉(小学館)

Hôtel d'Assézat》フランス南西部、アキテーヌ地方、オート‐ガロンヌ県の都市ツールーズにある豪商の館。ルネサンス期に藍染料や穀物の交易で財を成した豪商ピエール=アセザによって建てられた。現在はバンベルグ財団の美術館で、クラナッハボナールモネなどの絵画を所蔵。