出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、人家の門口で長柄の傘を持ち、法文 (ほうもん) を説いて金銭を請うこと。また、その人。