出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かりな」の転「かんな」の撥音無表記》漢字に基づいて作られ、用いられるようになった、日本語独特の音節文字。一般には片仮名平仮名をさすが、広義には万葉仮名を含めてもいう。→真名 (まな)