出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《終助詞「か」+終助詞「な」》文末にあって、名詞および名詞的な語、動詞・形容詞の連体形などに付く。
  1. 念を押したり、心配したりする気持ちを込めた疑問の意を表す。「うまく書けるかな」「君一人で大丈夫かな」

  1. 自分自身に問いかけたり、自分自身の意志を確認したりする意を表す。「あれはどこにしまったかな」「勉強でもするかな」

  1. (「ないかな」の形で)願望の意を表す。「だれか代わりに行ってくれないかな」「早く夜が明けないかな」

  1. 理解できない、納得いかないという意を表す。「先輩に対してあんな口のきき方するかな」

[補説]近世以降の用法。