出典:デジタル大辞泉(小学館)

令外 (りょうげ) の官の一。奈良時代、国司の施政や諸国の民情などを巡回視察した官。平安時代には陸奥 (むつ) 出羽だけを任地とし、大納言中納言の名目上の兼職となった。あんさつし。