出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《「かり(仮)ならず」の音変化》
  1. 例外のないさま。きまって。いつでも。「毎朝必ず散歩する」「会えば必ず論争になる」

  1. 確実な推量、または強い意志・要請を表す。まちがいなく。絶対に。きっと。「いつかそういう日が必ず来る」「必ず勝ってみせる」「印鑑を必ず持参すること」「必ず成功するとは限らない」

  1. (あとに打消しや禁止の語を伴って)決して。かならずしも。

    1. 「行幸といへど、―かうしもあらぬを」〈・行幸〉

[用法]かならず・[用法]きっと――「この薬を飲めば必ず(きっと)病気が治る」「勉強すれば必ず(きっと)合格する」など、両語とも可能性の強い状態を表すが、「必ず」のほうが確率的により高い場合に使う。◇両語とも「この借りは必ず(きっと)返す」のように決意を表す語としても用いられる。◇「三に二をかけると必ず六になる」「太陽は必ず東から昇る」など、不変の真理を表す場合には「きっと」は使わない。逆に「彼はきっと帰ったんだろう」など、推量の気持ちの強いときには、「必ず」は使わない。

出典:gooニュース

出典:青空文庫