出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「カナリヤ」とも》アトリ科の鳥。野生のものはスズメ大、全体に緑褐色で、カナリア諸島などに分布。15世紀からヨーロッパに持ち込まれ、飼い鳥として多品種が作られた。日本には18世紀末に長崎に舶来。姿を楽しむ巻き毛カナリア・細カナリア、声を楽しむローラーカナリアなどがあり、羽色も黄・白・灰・赤・橙 (だいだい) 色などさまざま。

[補説]「金糸雀」とも書く。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース