出典:デジタル大辞泉(小学館)

ツツジ科の常緑低木。乾燥した山地に自生。早春、多数の白い壺 (つぼ) 形の花が総状につく。有毒。葉をせんじて殺虫剤にする。「馬酔木」は、馬がこの葉を食べると脚がしびれて動けなくなるのによる。どくしば。あしび。あしみ。あせみ。あせぼ。 春》