出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 金銭のために災いを受けたり、身を滅ぼしたりするということ。

  1. 金銭は尋ねる敵のようで、なかなか手に入らないということ。