出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、検地の際に、幅1尺(約30センチ)と畦の左右両わき1尺ずつを除いて測量し、その分だけ年貢を免除したこと。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉