かねこ‐みすず【金子みすゞ】 とは

  1. [1903~1930]詩人。山口の生まれ。本名、テル。大正12年(1923)から「金の星」「童話」などの雑誌で作品を発表。西条八十に認められ、童謡や詩を多数発表するが、結婚後は夫に詩作を禁止され断筆。昭和5年(1930)自殺。代表作「大漁」「わたしと小鳥とすずと」など。