出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. お歯黒をつけること。特に、初めてつけることをいい、女子が成年になった儀式の一つとされ、知人など7か所からお歯黒をもらってくる風習があった。→御歯黒 (おはぐろ) 

  1. 江戸時代、遊里で遊女が一人前になる儀式として、お歯黒をつけたこと。

  1. 鉄漿付蜻蛉 (とんぼ) 」の略。