出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。二番目物世阿弥作。木曽の僧が近江 (おうみ) の粟津 (あわず) に来ると、今井兼平の霊が現れ、主君、木曽義仲の最期などを語る。