出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連体]の一語化》話し手と聞き手双方の既知の事物をさす。あの。例の。「彼の有名な物語」「彼の地」
[連語]《代名詞「か」+格助詞「の」》
  1. 前に述べた事物をさす。あの。その。

    1. 「めなもみといふ草あり。蝮 (くちばみ) に刺されたる人、―草を揉みて付けぬれば」〈徒然・九六〉

  1. 《近世語》人や事物を暗示的に示す。例の物・事・人。

    1. 「そりゃあさうと、―に極めたか」〈滑・浮世風呂・三〉