あ・せる【×褪せる/浅せる】 の意味

  1. [動サ下一][文]あ・す[サ下二]
  1. (褪せる)もとの色やつやが薄くなる。色がさめる。退色する。「日に焼けて染色が―・せる」
  1. (褪せる)盛んだったものが衰える。もとの勢いが失せる。「才気が―・せる」「―・せた思い出」
  1. (浅せる)川や海などの水がかれる。
    • 「山は裂け海は―・せなん世なりとも君にふた心わがあらめやも」〈金槐集
  1. [用法]あせる・[用法]さめる――「カーテンの色があせて(さめて)しまった」などでは相通じて用いられる。◇「あせる」は「花の色があせた」「色あせた恋」のように、光線や時間のために、色彩などが薄らぐことをいう。これらの場合は、「さめる(褪める)」と置き換えられない。◇「さめる」は「色のさめた制服」「夏の日焼けもようやくさめた」のように、染色などが薄くなり、地色に近くなることをいう。「日焼け」などでは「あせる」は用いない。
  • あ・せる【×褪せる/浅せる】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・エレーンの頬の色は褪せる

      夏目漱石「薤露行」