かのう‐えいとく【狩野永徳】 とは

  1. [1543~1590]安土桃山時代の画家。名は州信 (くにのぶ) 。松栄(直信)の子。祖父元信の期待を一身に受け、早くから画才を発揮。織田・豊臣氏に仕え、安土城大坂城聚楽第 (じゅらくだい) などの障壁画に筆をふるった。豪壮華麗な桃山障壁画様式を確立し、また狩野派全盛の基礎をつくった。