出典:デジタル大辞泉(小学館)

餅菓子の一。餅や求肥 (ぎゅうひ) などを包んだ赤小豆 (あかあずき) のさらし餡 (あん) の上に、蜜煮した小豆粒をつけたもの。江戸時代から知られ、関西では小倉野 (おぐらの) ともいう。隠元豆を用いるものは京鹿の子とよぶ。

[補説]書名別項。→鹿の子餅

[生活/料理]カテゴリの言葉