かぶき【歌舞伎/歌舞×妓】 の意味

  1. 天正時代の流行語で、奇抜な身なりをする意の動詞「かぶ(傾)く」の連用形から》近世初期に発生、江戸時代の文化が育てた日本固有の演劇。先行の舞踊・音楽・科白劇 (かはくげき) などの諸要素を集大成した、庶民的な総合演劇として今日に至る。歌舞伎劇。歌舞伎芝居。

かぶき【歌舞伎/歌舞×妓】の慣用句

  1. かぶきうた【歌舞伎唄】
  1. かぶきおどり【歌舞伎踊(り)】
  1. かぶきおんがく【歌舞伎音楽】
    • 歌舞伎に用いられる音楽。三味線・唄・鳴り物からなる。舞踊の伴奏としての所作音楽と、舞台の効果音楽としての下座音楽とがある。
  1. かぶききょうげん【歌舞伎狂言】
    • 歌舞伎劇の脚本。
  1. かぶきげき【歌舞伎劇】
  1. かぶきこ【歌舞伎子】
    • 江戸時代、若衆方歌舞伎俳優。かげで男色も売った。舞台子。色子(いろこ)。歌舞伎若衆。
  1. かぶきざ【歌舞伎座】
    • 歌舞伎を演じる役者の一座。また、歌舞伎を演じる劇場。
    • 東京都中央区にある劇場。明治22年(1889)福地桜痴が建設。明治44年(1911)に改築されるも漏電により焼失、大正13年(1924)再建。奈良時代と桃山時代の意匠を併せもつ外観となるが、第二次大戦時の空襲により焼失。昭和25年(1950)に三度目の再建がなされ、平成14年(2002)には登録有形文化財となる。平成22年(2010)老朽化のため解体、平成25年(2013)2月に現在の建物が完成した。
  1. かぶきしばい【歌舞伎芝居】
    • 歌舞伎を演じる劇場。江戸時代は、やぐらをあげることを許された劇場をいった。
  1. かぶきじゅうはちばん【歌舞伎十八番】
  1. かぶきじょうるり【歌舞伎浄瑠璃】
  1. かぶきぞうし【歌舞伎草子】
    • 初期歌舞伎、特に女歌舞伎のようすや、歌舞伎踊りの歌謡などを記した草子。室町末期から江戸初期にかけての成立と考えられ、4種が現存。
  1. かぶきぶよう【歌舞伎舞踊】
  1. かぶきもの【歌舞伎者】
    • 並外れて華美な風体をしたり、異様な言動をしたりする者。だて者。
      「近年は人の嫁子もおとなしからずして、遊女、―のなりさまを移し」〈浮・一代女・三〉
    • 歌舞を演じるもの。踊り子。
      「女の―を揃へて踊らせける」〈浮・置土産・四〉
    • 歌舞伎役者。または歌舞伎社会の者。芝居者。
  1. かぶきやくしゃ【歌舞伎役者】
    • 歌舞伎を演じる俳優。女歌舞伎禁止以後は男優ばかりとなり、歌舞伎独自の女形が発達した。歌舞伎俳優。
  1. かぶきわかしゅ【歌舞伎若衆】
  • かぶき【歌舞伎/歌舞×妓】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・やれ浄瑠璃の、やれ歌舞伎のと、見たくもないものばかり流行っている時でございますから、丁度よろしゅうございます。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・斧と琴と菊模様の浴衣こそ菊枝をして身を殺さしめた怪しの衣、女が歌舞伎の舞台でしばしば姿を見て寐覚にも俤の忘られぬ、あこがるるばかり贔屓の俳優、尾上橘之助が、白菊の辞世を読んだ時まで、寝返りもままならぬ、病の床に肌につけた記念なのである。

      泉鏡花「葛飾砂子」

    • ・・・――柳を中に真向いなる、門も鎖し、戸を閉めて、屋根も、軒も、霧の上に、苫掛けた大船のごとく静まって、梟が演戯をする、板歌舞伎の趣した、近江屋の台所口の板戸が、からからからと響いて、軽く辷ると、帳場が見えて、勝手は明い――そこへ、真黒な外套が・・・

      泉鏡花「みさごの鮨」