出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 優雅な文。

  1. 雅言による文。主に平安時代の仮名文。また、それをまねた文。江戸時代、国学者が用いた呼称。→擬古文 (ぎこぶん)