出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「かま」》ガマ科の多年草。池や沼の岸辺に群生。高さ1~2メートル。根茎は白く、泥中をはう。葉は線形で厚く、茎より高く伸びる。夏、黄色の雄花が上部に、緑褐色の雌花が下部についた円柱形の花穂ができる。花粉を漢方で蒲黄 (ほおう) といい、止血薬とする。かば。みすぐさ。 穂=夏 穂絮=秋》「雨の輪も古きけしきや―の池/虚子