出典:デジタル大辞泉(小学館)

源頼朝鎌倉に開いた日本最初の武家政権。鎌倉には侍所 (さむらいどころ) 政所 (まんどころ) 問注所、地方には全国的に守護地頭を置いたほか、六波羅探題鎮西 (ちんぜい) 探題奥州総奉行などを置いた。源氏の将軍は3代で滅び、以後、摂関家や親王家から将軍を立てたが、実権は執権となった北条氏が握った。元弘3年(1333)滅亡。

[補説]将軍は次の9人。
第1代 源頼朝
第2代 源頼家
第3代 源実朝
第4代 九条頼経
第5代 九条頼嗣
第6代 宗尊親王
第7代 惟康親王
第8代 久明親王
第9代 守邦親王