出典:デジタル大辞泉(小学館)

《室町時代までは「あた」》

  1. 仕返しをしようと思う相手。敵。かたき。「親の―を討つ」

  1. 恨みに思って仕返しをすること。また、その恨み。「恩を―で返す」

  1. 害をなすもの。危害。「親切のつもりが―となる」

  1. 攻めてくる敵兵。侵入してくる外敵。

    1. 「しらぬひ筑紫 (つくし) の国は―守る押への城 (き) そと」〈・四三三一〉